凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
「薔薇色じゃない」発売しました
薔薇色じゃない




























2016年6月発行(幻冬舎コミックス)
イラストレーター 奈良千春先生

ルチルレーベル創立20周年記念として、今回は単行本仕様にしていただけました。
大事な節目の記念刊行物に自著を入れていただけて大変光栄です。
お値段が1500円とお高めなのが、読者さんには申し訳ないですのですが…。
が、挿絵は奈良千春先生と豪華です!
表紙もさることながら、中のモノクロイラストも素晴らしいので期待してください。

内容はかなりアダルト寄りです(エロという意味でなく(笑)
ロマンティックなBLフィルターはほとんどかかっていないので、いろいろ経験している大人の読者さん、もしくは年齢に関係なくリアルばっちこいな読者さん向けかなと思ってます。受け以外には目もくれない攻めとか、身も心も一途に攻めだけに操を立て想い続ける受けとか、一切ないです。
普通に生きてるだけで、仕事でも私生活でも頻繁にしんどい場面にぶち当たるわけで、そういうときって清く正しくだけでは乗り越えられないもので、一番お気に入りのコートじゃなくてもとりあえず寒さを凌ぐために手近なジャケットを引っかけるみたいに恋愛も妥協してみたり、けれど妥協と惰性だけで生き抜いていけるほど冷めてもおらず、じゃあ自分は一体どうしたいの? と自分自身に問いかける……みたいな。

そういう誰でもある『揺らぎ』みたいなものが今回のテーマです。
アイテムとして生命保険が出てくるあたりリアルだなと(笑)

恋愛のない人生もさびしいけど、恋愛だけでも生きていけない。
人生いろいろあるじゃない……という男同士のお話です。
20歳で出会って15年、「薔薇色じゃない」彼らの日々を見守ってくださると嬉しいです。

【特典情報】
●セブンネット……先着サイン本(※完売御礼!)
●コミコミスタジオ……書き下ろしSSペーパー+クリアファイル
●ホーリンラブブックス……特製カバーイラストブロマイド
●ルチルフェア……黄色い帯がついているルチル文庫一冊お買い上げの方に、店頭で「薔薇色じゃない」SSカード(コミコミさんのSSペーパーとは別物)をプレゼント。

よろしくお願いいたします(^^)/

2016/06/29(水) 12:52:25 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
雑誌掲載情報 5/21発売 小説Chara vol.34「初恋の嵐」番外編「Donut Ring」
小説キャラvol34



















小説Chara vol.34に「初恋の嵐」番外編「Donut Ring」を掲載していただきました。

「初恋の嵐」で片想いをこじらせまくっていた入江&蜂谷カップル再登場です。
このふたりはストレスフリーで書けるのでとっても楽しい!
珍しく自分から担当さんに「書きたいなー」とお願いしました(笑)
担当さん、ページくださってありがとうございます。

DonutRing.jpg


















何年もすれちがいまくり、ようやく結ばれたふたりですが、
今度は親世代がすれちがい、勘違いしまくり、仔猫の「ニート」も加入して、
あいかわらずみんなでわいわい楽しくやってます。

木下けい子先生が描いてくださるニートがまたかわいい! 眼福( *´艸`)

木下先生の描いてくださる蜂谷とニートはかわいらしく、入江は恰好よく、
なのに作品内では入江の残念度に加速がかかっています。
題名の「Donut Ring」は入江の脳構造のことですね。

どうぞ楽しんでいただけますように!
2016/05/20(金) 20:46:19 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
「愛しのニコール」発売しました
51q3Cq0pVfL__SX350_BO1,204,203,200_




























2016年4月発行(心交社 ショコラ文庫)
イラストレーター yoco先生

お久しぶりです。今年初めての本で嬉しいです。
今回のお話は……。

十四歳の夏、久美浜二胡はゲイゆえに田舎町で病気扱いされ、自殺を決意した。けれどその夜、遠い街から遊びにきていた少年・榮の屈託のない態度に救われ、いじめ回避のため「ニコール」というオネエキャラを演じはじめる。数年後、榮は転校生としてニコの前に再び現れた。イロモノに成り果てたニコにも榮は優しかったが、淡い初恋を詰め込んだ告白は本気にされず、逆に恋愛相談をされる始末で……。不器用な片恋クロニクル。

担当さんが書いてくださった紹介文が過不足なくとってもいい~。
うん、そういうお話なのです。
攻めの榮は昨今流行の執着攻めとはちがうけど、
わたしはこういう普通の男の子がとても好きです。
そして中学時代からの初恋をずっと捨てられないニコとの焦れ焦れ展開。

yoco先生の描いてくださったニコがもう本当にかわいい!
手にシュシュを巻いていたり、鞄にファンシーアイテムをたくさんぶら下げていたり
細部まですごく丁寧に描いてくださっているのです。
表紙もBLには珍しい受けひとりの構図です。
今までのやり方に囚われずし、よりいいものを追及していくyoco先生と、
そういうチャレンジをさせてくれる担当編集さん、
おふたりのお仕事に対する姿勢のようなものに
わたしもがんばらねばと気持ちを新たにすることができました。
どちらにも感謝です。ありがとうございました。

制作側の愛と努力の結晶をどうぞ楽しんでいただけますように♪
2016/04/09(土) 09:17:51 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
「このBLがやばい」ランクインと重版のお礼
もう12月というか、そろそろ年末ですね。
時間が過ぎるのが年々早く感じる今日このごろです。

毎年恒例となっている「このBLがやばい」に自著がランクインしました。

utukusiikare.png





「美しい彼」2位

いとしのいばら姫





「愛しのいばら姫」5位

itigo





「ショートケーキの苺にはさわらないで」8位

ニアリーイコール小





「ニアリーイコール」15位


こんなにたくさん……。
投票してくださったみなさま、ありがとうございました。
これからも楽しんでいただける話をお届けできるようがんばります!

そしてこのBLがやばい効果で、「美しい彼」と「愛しのいばら姫」に重版をかけていただきました。
「美しい彼」は4刷目になりました。しみじみ嬉しい。
未読のみなさまにも、この機会にお読みくださると嬉しいです。

2015/12/14(月) 08:51:23 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
「初恋の嵐」発売しました
81NmjIvJ+JL2.jpg




























2015年11月発行(徳間書店 キャラ文庫)
イラストレーター 木下けい子先生

【特典情報】
コミコミスタジオ→表紙イラストカード
ホーリンラブブックス+芳林堂チェーン→カバーイラストブロマイド

今年最後の本です。
夏あたりから刊行が続きましたが、次は来春まで空く予定です。
本以外で出るものはあると思いますが、また随時お知らせいたしますね。

今作は、先月の『累る』とは真逆の甘めのお話になりました。
ボンボンでお人好しな受け・蜂谷、
鬼畜でダサ眼鏡な攻め・入江、
受けの幼馴染みでオネエでトップアスリートの花沢、
ヘタレな天才ラーメン屋の松田。
4人の高校生~社会人25歳あたりまでを書きました(松田は社会人編のみ)
相変わらず時間経過が長くて恐縮です。関係が変わっていったり、または変わらなかったり、そういうのを書くのが好きなのかもしれませんね。

そういえば来月から書きはじめる話も、大学生~35歳くらいまでを書く予定で、こちらは今作とはちがってアダルトな感じです。
あ、アダルトと言っても私の場合はエロ方向ではなく心情方面で……。先月の『累る』の告知で黒凪良ですと言ったら、一部でエロ方向への期待値が高まってしまい、わーどうしよう~とすごく申し訳ない気持ちで焦ったことを覚えています。エロ薄ですみません……。
でもお話の空気感を壊さない範囲でがんばってるんです(小声で)

話が逸れました。
とにかく今回は甘めで……、あ、でもこれも当社比なので世間一般でいう糖度とは目盛りがずれているかもしれません。なんだか言い訳ばっかりですが、自分が甘いと思っていても、感想では「つらい」「重い」というご意見を見ることも多いので一応(笑)
まあ中身の判断は読者さまにゆだねるとして、木下けい子先生の挿絵は文句なくかわいらしいです!中のモノクロもかわいいのですが、木下先生のイラスト+タイトルロゴデザインも含めて、自著で一、二を争うかわいさ満開の表紙。木下先生、デザイナーさん、ありがとうございます。お見かけの際はどうぞよろしくお願いします!!

最後にプチ告知。
今作「初恋の嵐」のSSを、来年の小説キャラさんに書かせていただく予定です。
そちらもどうぞよろしくお願いします(∩´∀`)∩
2015/11/27(金) 09:29:22 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.