凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
「累る-kasaneru-」発売しました
20151011.jpg




















2015年10月発行(プランタン出版 プラチナ文庫)
イラストレーター 笠井あゆみ先生

特典情報
コミコミスタジオ→カバーイラストカードつき
ホーリンラブブックス→カバーと口絵の両面イラストカード

こんにちは、久しぶりに黒凪良です。
夏あたりから発刊が続いていますが、なんとか内容がかぶらないよう低スペックな頭をこねくりまわし、一作ずつカラーを変えています。似た感じのものを書いていると自分が飽きる、というのが一番の理由なのですが(笑) 
昔からその傾向はあって、だから黒凪良/白凪良なんて呼ばれたのかもしれませんね。あ、黒凪良というのは、デビュー当時、コメディ/シリアスの差が激しすぎるという理由で、読者さんが区別するために呼び名をつくてくださったのがはじまりです。コメディは白凪良、シリアスは黒凪良という感じでしょうか。どちらかが苦手な方も多かったので、地雷を踏まないための読者さん側の防衛手段という意味が大きかったのかもしれません。
そんな感じで、昔は一作ごとにふり幅がデカかったのが、最近はそこまで激しく揺れないというか、何年か前からだんだん白黒がミックスされてきているので、それなりにわたしも大人になっているのだと思いたいです。

しかし、今回は久々に黒成分多めですね。
内容にふれるとネタバレになってしまうので難しいのですが、今回は『夢』がキーワードになっています。七緒と奏人の交互視点で、4部構成+SS、「秘密」「累る」の章ごとでテーマがリンクしています。できれば、ネタバレなしで読んでいただきたいと思います。

挿絵は笠井あゆみ先生に描いていただけました~。
カバーイラストを見ていただければおわかりの通り、美麗です!
思わず息を呑む官能的な美しさです。素晴らしいです。
口絵もすごい。一切の容赦がありません。
ひとつ申し訳ないことは、やろうと思えばいくらでも豪華絢爛、けだるげな退廃美、滴りおちる官能美を描き出せる笠井先生に、ごくごくふっつーの大学生や、粗末な着物をきた子供や、村のオッサン衆を描いていただいたことです。
「限りある貴重な人材を無駄遣いしてんじゃねえ、パンパン(往復ビンタ)」
と怒られてしまいそうですが、著者であるわたしはめちゃくちゃ嬉しいです!
笠井先生、ありがとうございました!!

読者のみなさま、美しいイラストと併せて内容も楽しんでいただけますように。
そして最後にプチお知らせを。
11月にもキャラ文庫から新刊が出る予定です。
「初恋の嵐(仮)」挿絵は木下けい子先生です。
初恋をこじらせまくっているふたりのお話、こちらもどうぞよろしくお願いいたします!

2015/10/11(日) 09:33:14 | お知らせ | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.