凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「おやすみなさい、また明日」発売しました
おやすみなさい、また明日


















「おやすみなさい、また明日」
2014年1月発行(徳間書店 キャラ文庫)
イラストレーター 小山田あみ先生


今年2冊目の本です。
年が明けて間もないのに慌ただしいですね。
しばらくは続けて色々出る予定ですので、よろしくおつきあいください。


えーっと、本編に関してはあらすじなどを読んでいただくとして、
今回は、わがままを言って(毎回言っている気もしますが)
最後に入れてもらったSSについて少し。

最初にこの話を書きたいと思ったときに、
これを書かなくてはこの話を書く意味がないと思った部分です。

そしてふたりは幸せに暮らしました――。
でも、もちろん素敵なのですが、
朔太郎の抱えるものを思うと、今回はそれで終われないなと。
「おまえが作ったんだから、おまえが最後まで責任を取れ」
という気持ちだったのかもしれません。

発売する少し前に担当さんと新刊について話をしていたとき、
「最初は反対したけど、初稿を読んだときに私は覚悟を決めました」
とサラッと仰った担当さんは超男前で、今さら私の方が焦りました。
書いてるときは夢中で、それを書くことしか頭にないのに、
発売日が近づくと我に返ってソワソワしだすという(笑)

今回、また好き嫌いがわかれるだろうなあと思いつつ、
大概それは私がこだわりまくって書いた部分と重なっているので
なにも反応がなくスルーされるよりはずっといいことなんだと思います。

たまに心折れそうになりますが、折れてもなんとか接ぎまくって
これからも芯だけは曲げずに書いていきたいなあと思います。

* * * *

なにやら所信表明みたいになってしまいました。
新刊発売はサラっと告知だけで、書き手の思うところなどいらないと
わかっているのですが、なぜこうなったのか。

というのも、今日は私の誕生日で、
年に一度の誕生日が新刊発売日と重なるなんて非常に心臓に悪く、
ハッピーバースディ私、いやっほおおおおーい
とは逆立ちしてもならない感じなのでした。

真面目に今年1年を考えたりした結果、
なんだかんだと色々書いてしまいましたが、
これからもよろしくおつきあい下さい。


2014/01/25(土) 15:18:45 | お知らせ | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。