凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
2011.11.11
昨日の日記を修正したい。

秦坊のライブはこれからも行くと思います。

生にはこういう力があるんだなあと思い知った昨日のライブ。
アコギ弾き語りの前編とバンド編成の後編、幕間に15分休憩
という異例の形式だったけれど、秦くんの声がすごく引き立つ構成でした。

すごい曲数を歌ったにもかかわらずアンコールまで声は完璧。
初期のころからライブ行ってるけど声の持ちがすごくなった。
観るたび丸っこくなっていくのも仕方ないかも。
ある程度体重ないと声は張れないし(笑)

この人の生の声はやっぱりすごいなあ。
昨日の私みたいに複雑な気持ちを抱いてる客の心まで
最初のワンフレーズでがしっとつかんで引きずり戻すくらい力がある。

なんか、、飛び道具的な?
逃げようとしても、パンて撃たれたらおしまい、みたいな。

鋼と硝子でできた声、という煽りが本当にしっくりくる。
ところでこの煽りを考えた人はジョン・レノンのファンかなあ。
「鋼のように、硝子の如く」という歌をジョンが歌っている。

というわけで、CDはさて置いといて、これからもライブは行きたい。

追記
一番心に響いたのはやっぱり「鱗」
秦くんの歌で一番好きだ。
サビのところの声の響きが脳みその奥で共鳴してくらっとする。
大げさじゃなく、毎回ライブではそれくらいよく響く。

CA7I4MO3.jpgCAVM9C19.jpgCA8LPTK9.jpg







初稿は140Pまで進んだ。ちみちみ進行。
明日は著者校が届くので今日中にキリのいいところまで進めよう。
著者校はコメディなので、今やってるシリアスから
頭を切り換えるためのDVDをなんか観なくちゃいけない。
「結婚できない男」にしようかな。
このドラマは妙にツボにはまった。阿部ちゃん好きだ~。


今日の1曲:dot/秦基博
2011/11/11(金) 20:24:16 | 日常 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.