凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
2011,11.2
日曜日は上田誠さんプロデュースの舞台、
加藤啓アワー「私、光ってなかった?」を観てきた。

加藤さん初脚本で、主演の永野さんのキン○マが旅に出てしまい、
宗典から宗子となった永野さんの長い旅がはじまる、というSTART。

感想は……

すごーーーーく面白かった!!!です!!! 
変態だわ、小難しいわ、下ネタだわ、
誰にでもお勧めはできないけど中毒性のある舞台だった。

あんな気持ち悪い脚本を書ける加藤さんはすごい。
それをさらに変態度↑↑↑させる上田さんの演出もすごい。
加藤さんと上田さんのペアは私の好みに合う気がした。
またぜひ組んでやってほしい。この舞台も乞う再演。

役者も全員、身体張ってました。
永野さんは登場からして99%裸族だったし、
本多さんも、ちょ、見える!! とヒヤヒヤした。
真面目な話、永野さんはすごい運動量だったと思う。
あの狭い舞台でよくもあれだけ動いたなーと。
泳いでなきゃ死んじゃうマグロくらい動いてました。

個人的に笑いのツボに入ったのは酒井さん&本多さんの歌舞伎シーン。
「ま~て~」「い~や~」のシーンは今年一番のヒットかも。
あーもうお腹よじれるかと思った。天才かあの二人は。

本当にぶっとんだ内容の舞台で、
あらすじにはまとめられない枠外の面白さがありました。
観てる間に場面やシチュエーションが切り替わっていく
多層的な話の進め方は永野さんの不条理劇場「虚業」を思い出させるけど、
あれの難解さを変態方向に転換したような感じ。

会場は木屋町高瀬川沿いにある元・立誠小学校にて。
廃校になった学校ですが、今は京都の小さなイベント発信地にもなっていて、
とにかく建物がレトロで素晴らしいです。

帰りは先斗町でご飯。
町家を改造した店で、屋内版床状態で鴨川に面した席にて。
〆につけ麺食べて帰宅。たっぷり一日遊んで疲れた。

CA0U3OP0.jpg CAJR82DH.jpg







CAF6V9BK.jpg CAAY15DR.jpg CAQ13G2U.jpg







そしてもう11月ですね。
あと2ヶ月で今年が終わるとか、ちょっとポカンとしてしまう。
いやいや、ポカンとせずに頑張れ、自分。



>>Sさんへ
いやいや、コメント読んでたら十分お元気だと思いますよ。
多分、私の倍くらい。花鳥園は私も行きたいです。
カレンダー、買えました。デザインはイマイチだけど機能性重視で。
工場見学とフルーツフラワーパーク、楽しんできてください!


今日の1曲:Frozen Music/killing Boy

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。