凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
面白かったー
110425_2016~01110424_1504~01







上田誠さん作・演出の舞台「芝浦ブラウザー」を観てきた。
うわー、なんか久しぶりに面白かった。
すさまじい勢いで破壊と再生と繰り返してなにも生み出さない都市開発を何食わぬ顔で見上げて生活しているノマドな人々、またの名を路上生活者。去年の「サーフィンUSB」とテーマは共通しているのだけど、前回突き詰めきれなかった部分が、今回はきっちりブラッシュアップされ、磨き抜かれた感がありました。

舞台の造りも立体的で凝ってるし、モロに橋の下の人々(笑)な生活風景なのに、彼らのゆるゆるライフっぷりに思わずパラダイスという言葉が浮かんで、いやいや違うぞ、騙されるなと自分を叱咤したり、でも、本当に突き詰めて考えるとやっぱりあっち側のほうが原始的な意味でのパラダイスなんじゃないの?と懐疑的になったり。
油断して笑ってると価値観をくるんとひっくり返されそうになる瞬間があって、それはそれで怖かったりもして、実に実に計算された魅力的な演出でした。
一緒に行った人共々大満足。やっぱ上田さん好きやわ~。

ヨーロッパ企画の面々ももちろん出演していました。
やっぱ本多さんかわいいわー。あの人の個性はすごいなあ。shop66サイコ-。井ノ原さんもすごく頑張ってました。台詞のリズムや掛け合いが大事な上田さんの舞台で大丈夫なのかなと危ぶんでたんだけど、思ってたよりもずっとしっかり喋ってていい意味でビックリさせていただきました。永野さんも、よくあんな狭いとこに入ってられたなあ。ちっさい彼ならではの登場の仕方で、お前はコロボックルさまか、かわいすぎて萌えるやろ~!という感じでした。
そういえば、私たちの席の近くに上田さんが座ってらして、サインもらって来いよと同行者に言われたけど、パンフもペンもなかったし、なにより上演寸前だったので諦めた。残念。ちなみに、あの人はいつも最後列真ん中で舞台をチェックしている。

やっぱり舞台は生き物で面白いです。
そして、いつも見終わるとすごく創作意欲を刺激されてる。
インプット大事だなあとつくづく思う今日この頃。

110424_1209~01110424_1202~01







写真の最後のやつは会場のシアタードラマシティ横の毎日放送のライヨンちゃん。ライヨンチャンネル ライドンターイム♪ のアレです。
ライヨンちゃん好きなのでつい激写。

今日の1曲:ナツメ/音速ライン
2011/04/25(月) 21:24:17 | 日常 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。