凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
「天水桃綺譚」発売しました
9784829626306.jpg




















2017年5月発行(プランタン出版 プラチナ文庫)
イラストレーター 藤たまき先生

【特典情報】
●コミコミスタジオ……コミコミ特典イラストカード
●デビュー10周年記念小冊子企画

今年でデビュー十年目です。なんだか早いものですね。あっという間でした。十年目といっても初めての文庫を出していただいてから十年目で、雑誌掲載を含めると十一年とちょっととかになるのかもしれません。

今作は旧題「うすくれないのお伽噺」はデビュー前の投稿作として書いたもので、のちに改稿して雑誌「花丸」に載せていただきました。その後は電子書籍として販売されていたのですが、このたびプラチナ文庫さんで書籍にしていただくことになりました。花丸編集部さま、旧作の挿絵を描いてくださったサガミワカ先生、ありがとうございました。

表題作「天水桃綺譚」は旧題「うすくれないのお伽噺」で、桃農家の亨と天から落ちてきた桃のお話です。がっつり改稿して、その後のふたりのSS「お伽噺のあとで」を書き下ろしました。二話目の「虎と桃」は一話に出てきた銀の神こと白虎さまのお話です。

デビュー10年目にして初のケモ耳&もふもふ……。
でも神さまだし、虎だから狐と違って尻尾もあんまりもふもふしてない……。
でも藤たまき先生の描いてくださった耳と尻尾は至高だと思います。
今回もイラストを見せていただくたびにモチベーションがだだ上がりでした。
かわいい、かっこいい、すごいを百回くらい繰り返したような気がします。
そして「虎と桃」+「エピローグ」のあとのSS「虎の仔 桃の子 コモモの子」では初のネタを書いています!
がっつり改稿+大量書き下ろし+初ネタを楽しんでいただければ嬉しいです。

そして今回はデビュー10周年記念小冊子企画があります!

小冊子に収録を予定しているSSは下記の通りです。
・「天水桃綺譚」
・「闇を呼ぶ声 周と西門」
・「お菓子の家」
・「未完成」

上記四編の他に、余力があれば他にも……。
「いとしのいばら姫」とか「積木の恋」とか……。
ううーん、みんなかわいいからみんな書きたい!
腕が4本あればいいのにと思うけど、脳みそがひとつなら一緒かな。

【募集方法】
『天水桃綺譚』と『闇を呼ぶ声 -周と西門-』のカバーに付いている「Platinum Ticket」を応募台紙に貼り、500円分の定額小為替と一緒にお送りください。応募台紙は対象商品である「天水桃綺譚」についています。どこの本屋さんで購入・通販されてもついています。
プラチナ文庫 特設ページ

締め切りは2017年9月11日(当日消印有効)

たくさん応募していただけますように(o゚▽゚)o
2017/05/12(金) 14:16:00 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.