凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
「それはおまえが童貞だからです」発売しました
それはおまえが童貞だからです ブログ




















「それはおまえが童貞だからです」
2014年10月発行(幻冬舎コミックス ルチル文庫)
イラストレーター イシノアヤ先生

久しぶりに120%コメディです!
ズバリ30over童貞魔法使いネタです。
出落ちに近いタイトルなので、あえて解説はしませんが、
ひとつ、どうしても言わせていただきたいいことがあります。

イシノアヤ先生のイラストが、実に、実に、かわいいですよ!!

元々イシノ先生のファンで、担当さんにずっとファントークを垂れ流していたので
今回、挿絵をお願いできると聞いたときはテンションが上がりまくりました。
イシノ先生はBL小説の挿絵は初めてということで、
二重に光栄に思いつつ、よりにもよってこのタイトルの挿絵をと申し訳なく思ったり……。
こんなひどいタイトルの本なのに、こんなにおしゃれに見えるのは
ひとえにイシノ先生とデザイナーさんと担当さんのおかげです。
表紙もかわいいですが、中の挿絵も本当にかわいい!
ラフの時点から、え、これもう仕上がってますよね、というくらい丁寧で美しかった。
ぜひ、みなさまにも見ていただきたいです!


……………………えーと。
新刊発売告知というよりただのファンの萌え語りになってしまいました。
これじゃあんまりなので、ちょっと制作の思い出話などしてみます。

7年前にデビューさせてもらった当時は、
コメディ、シリアス、コメディ、シリアスと交互に色々書かせてもらってたんですが、
最近はシリアスが続いていて、いつの間にか、なんとなく、
シリアス専門のような印象ができていたんですね。

今回、プロット時点でNGが出てΣ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)ってなりました!

最終通ってよかったんですが、いつもの路線でと言われて、
いつの間にか「いつもの路線」ができあがってることに気づかされ、
ふとデビュー当時のことを思い出しました。

当時の担当さんから、
こういう(コメディとシリアスを交互に書く)のはイメージが定着せず新人には不利、
購買層もコメディ派とシリアス派で分かれてしまうから売上的にも厳しくなる、
といった感じのお話を伺ったことがありました。
すごく貴重なアドバイスだったのですが、
そうなんですか~、私はシリアスもコメディもどっちも好きなのでがんばりますと
右も左もわからないド新人の勢いだけで答えたのが恐ろしくもいい思い出です。

あれから7年、作家としてなんとか生き残れているのも読者さんのおかげです。
最近はシリアスが多かったので、新しい読者さんの中には
「この人、コメディ書くの?」と思われる方もおられるでしょうが
一度試しに読んでくださるとありがたいです。

というわけで30over童貞魔法使いのお話、どうぞ楽しんでいただけますように。


2014/10/15(水) 10:31:45 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.