凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「闇を呼ぶ声 周と西門」発売しました
闇を呼ぶ声カバー (445x640) (246x354)




















2017年1月発行(プランタン出版 プラチナ文庫)
イラストレーター 梨とりこ先生

【特典情報】
●コミコミスタジオ……書き下ろしSSペーパー
●ホーリンラブブックス……サイン付きカバーブロマイド

いつもとは少し違うホラー&ミステリーで、最初から続かせようと決めて書いた初めての話になりました。主人公である周と西門が拝み屋をしているので、がっつり心霊を扱っていますが、BLなのでそこまで恐ろしい描写はない……と思う。

それでもこういう話を書くときにたまに聞く、執筆中に奇妙なことが続く、という目に私も遭いました。なにかを呼んでしまったのか、買ったばかりのパソコンが三日で壊れたところからはじまり、、無線LANが不安定になり、保存したはずの文章データが消える、日付がずれるなんていうのは序の口で、書いた覚えのない単語が文章中に唐突に紛れ込んでいたり、もう書き切れないほどおかしなことがありました。

一番困ったのが、編集部に送ったデータと手元のデータが違うことでした。10年仕事をしていて初めての異常事態です。それまではなんかおかしいな、でも気のせいだろうと頑張っていたのですが、さすがに「あーこれはもうなにか憑いたな」と認めるしかありませんでした。だってうちだけではなく、編集部や印刷所でも通常ではないようなミスが頻発していたらしいので……。

心霊モノを書くとたまにこういうことが起きると、他社の編集さんからもゾッとするような話を聞きました。けれど書籍関係の怪異は、本を刊行してしまうとおさまるそうですよ、とも聞きました。うん、確かに見本が刷り上がってきた辺りから妙なことは起きていない。うーん、世の中には不思議なことがあるもんです。
プラチナの編集さんは「でも、なにかが憑くくらいのものを書いたということですよ!きっと売れますよ!」と励ましてくれました。
なんという優しさと有能さ……っ! 編集さんには今回、本当にお世話になりました。データがまったく信用できない状態で、しつこいくらいに何度もゲラとデータを照らし合わせてくれて、確認の電話を入れてくれて、編集作業にいつもの倍以上手間をかけてくれました。担当さん、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。無事に本が出せて本当によかったです。



でもこの話、まだ続くんですよね……っ!



事件は一応決着していますが、周と西門のふたりの恋愛は起承転結でいう承の真ん中くらいなので、次巻ではふたりの恋愛を進展させたいです。薫のこともあるし。
もしや続編執筆でまた怖い思いをするかもしれないけれど、今回でだいぶと免疫がついたので大丈夫でしょう。最後辺りは「あーまたデータ消えた。でも残念でしたー。こっちにもあっちにもたくさん保存していますー☆彡」、「データ全滅しても、私の頭の中の文章までは消せませーん☆彡」くらいのもんでしたから……と強気に振る舞ってました(笑)
怖がったらますます調子に乗られそうなので、こういうのは強気に出て気合いでねじ伏せるのがBestです。でもまじヤバいと思ったら実家に帰ろう……弱気。

通常の執筆以外のことに精神を削られる中、梨とりこ先生のイラストにやる気を出させていただきました。特に、西門のラフはやばかったですね! 作中で描写されている関西弁のオッサンが、梨先生のおかげで、なんかすっごいかっこいい~。
うん、これは周も惚れてまうわ、と思わずうなずいてしまいました。
表紙のイラストも、帯で隠れている部分に描かれたものが内容を表していてゾワッときた。
梨先生、ありがとうございました!!

いつにない苦労もあった今作ですが、ぜひぜひ続きを書きたいので、どうか新刊で買っていただけますように。シリーズものは一巻の売り上げが悪いと次巻を出してもらえないことがあります。


つまりね、霊より現実が怖いんです!!


というわけで、周と西門シリーズをどうかよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト
2017/01/10(火) 11:05:28 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
「憎らしい彼 美しい彼2」発売です
憎らしい彼blog




























2016年12月発行(徳間書店 Chara文庫)
イラストレーター 葛西リカコ先生

【特典情報】
●Amazon……限定SSペーパー
●コミコミスタジオ……カバーイラストカード
●ホーリンラブブックス……カバーイラストブロマイド


「美しい彼」の続編です!前作から間が空いているので、覚えてもらってるか不安だったのですが、お知らせをしたあと、楽しみにしていますと言ってくれる方が多くて安堵しました。

気持ち悪い攻めとツンデレ美人という個人的萌えが詰まったふたりなのですが、ひとつ困ったことが。元々続編を書く予定ではなかったので、これまでに出したSSで同棲とか平良の初バイトという大ネタを使ってしまっていたのですね。なので、今回はこれまでのSSを本編のオープニングとして物語をスタートさせています。
平良の子供時代、完全に閉じた世界からはじまった「美しい彼」から、今回の「憎らしい彼」ではふたりを取り巻く新しいキャラクターも出てきて、物語の世界も少しずつ外や未来へ向けて広がりを見せています。それでもまだまだなふたりを見守っていただけると嬉しいです。作者的見どころは。平良のニュースタイル亭主関白ぶりでしょうか。

そしてイラストは前回から引き続き葛西リカコ先生に描いていただけました!
清居=「美しい彼」という図式は葛西先生のイラストだからこその説得力です。
中のモノクロイラストも美しくて、中でも305Pのイラストが大好きです。清居の横には安奈と桐谷がいるはずなのに、平良のファインダーには清居の姿しか映っていないという、平良の愛がストレートに伝わるイラストに感動しました。しかも清居をまっすぐ見つめる平良がめちゃくちゃ格好いい、平良史上最高の男前ぶり!!
葛西先生に描いていただけて、本当に幸せなキャラクターたちです。

関係者の皆さん、読者の皆さんにたくさん支えてもらって出せた続編です。
どうぞ楽しんでいただけけますように。

2016/12/15(木) 23:12:28 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
「薔薇色じゃない」発売しました
薔薇色じゃない




























2016年6月発行(幻冬舎コミックス)
イラストレーター 奈良千春先生

ルチルレーベル創立20周年記念として、今回は単行本仕様にしていただけました。
大事な節目の記念刊行物に自著を入れていただけて大変光栄です。
お値段が1500円とお高めなのが、読者さんには申し訳ないですのですが…。
が、挿絵は奈良千春先生と豪華です!
表紙もさることながら、中のモノクロイラストも素晴らしいので期待してください。

内容はかなりアダルト寄りです(エロという意味でなく(笑)
ロマンティックなBLフィルターはほとんどかかっていないので、いろいろ経験している大人の読者さん、もしくは年齢に関係なくリアルばっちこいな読者さん向けかなと思ってます。受け以外には目もくれない攻めとか、身も心も一途に攻めだけに操を立て想い続ける受けとか、一切ないです。
普通に生きてるだけで、仕事でも私生活でも頻繁にしんどい場面にぶち当たるわけで、そういうときって清く正しくだけでは乗り越えられないもので、一番お気に入りのコートじゃなくてもとりあえず寒さを凌ぐために手近なジャケットを引っかけるみたいに恋愛も妥協してみたり、けれど妥協と惰性だけで生き抜いていけるほど冷めてもおらず、じゃあ自分は一体どうしたいの? と自分自身に問いかける……みたいな。

そういう誰でもある『揺らぎ』みたいなものが今回のテーマです。
アイテムとして生命保険が出てくるあたりリアルだなと(笑)

恋愛のない人生もさびしいけど、恋愛だけでも生きていけない。
人生いろいろあるじゃない……という男同士のお話です。
20歳で出会って15年、「薔薇色じゃない」彼らの日々を見守ってくださると嬉しいです。

【特典情報】
●セブンネット……先着サイン本(※完売御礼!)
●コミコミスタジオ……書き下ろしSSペーパー+クリアファイル
●ホーリンラブブックス……特製カバーイラストブロマイド
●ルチルフェア……黄色い帯がついているルチル文庫一冊お買い上げの方に、店頭で「薔薇色じゃない」SSカード(コミコミさんのSSペーパーとは別物)をプレゼント。

よろしくお願いいたします(^^)/

2016/06/29(水) 12:52:25 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
雑誌掲載情報 5/21発売 小説Chara vol.34「初恋の嵐」番外編「Donut Ring」
小説キャラvol34



















小説Chara vol.34に「初恋の嵐」番外編「Donut Ring」を掲載していただきました。

「初恋の嵐」で片想いをこじらせまくっていた入江&蜂谷カップル再登場です。
このふたりはストレスフリーで書けるのでとっても楽しい!
珍しく自分から担当さんに「書きたいなー」とお願いしました(笑)
担当さん、ページくださってありがとうございます。

DonutRing.jpg


















何年もすれちがいまくり、ようやく結ばれたふたりですが、
今度は親世代がすれちがい、勘違いしまくり、仔猫の「ニート」も加入して、
あいかわらずみんなでわいわい楽しくやってます。

木下けい子先生が描いてくださるニートがまたかわいい! 眼福( *´艸`)

木下先生の描いてくださる蜂谷とニートはかわいらしく、入江は恰好よく、
なのに作品内では入江の残念度に加速がかかっています。
題名の「Donut Ring」は入江の脳構造のことですね。

どうぞ楽しんでいただけますように!
2016/05/20(金) 20:46:19 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
「愛しのニコール」発売しました
51q3Cq0pVfL__SX350_BO1,204,203,200_




























2016年4月発行(心交社 ショコラ文庫)
イラストレーター yoco先生

お久しぶりです。今年初めての本で嬉しいです。
今回のお話は……。

十四歳の夏、久美浜二胡はゲイゆえに田舎町で病気扱いされ、自殺を決意した。けれどその夜、遠い街から遊びにきていた少年・榮の屈託のない態度に救われ、いじめ回避のため「ニコール」というオネエキャラを演じはじめる。数年後、榮は転校生としてニコの前に再び現れた。イロモノに成り果てたニコにも榮は優しかったが、淡い初恋を詰め込んだ告白は本気にされず、逆に恋愛相談をされる始末で……。不器用な片恋クロニクル。

担当さんが書いてくださった紹介文が過不足なくとってもいい~。
うん、そういうお話なのです。
攻めの榮は昨今流行の執着攻めとはちがうけど、
わたしはこういう普通の男の子がとても好きです。
そして中学時代からの初恋をずっと捨てられないニコとの焦れ焦れ展開。

yoco先生の描いてくださったニコがもう本当にかわいい!
手にシュシュを巻いていたり、鞄にファンシーアイテムをたくさんぶら下げていたり
細部まですごく丁寧に描いてくださっているのです。
表紙もBLには珍しい受けひとりの構図です。
今までのやり方に囚われずし、よりいいものを追及していくyoco先生と、
そういうチャレンジをさせてくれる担当編集さん、
おふたりのお仕事に対する姿勢のようなものに
わたしもがんばらねばと気持ちを新たにすることができました。
どちらにも感謝です。ありがとうございました。

制作側の愛と努力の結晶をどうぞ楽しんでいただけますように♪
2016/04/09(土) 09:17:51 | お仕事 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。