凪良日記

凪良ゆうの仕事情報、日常などを綴っております
「神さまのビオトープ」発売しました
神さまのビオトープカバー




























2017年4月発行(講談社 タイガ文庫)
イラストレーター 東久世先生


初ジャンルです。

BLでデビューして今年で十年目になるのですが、きりのいいところでまた新人の気分を味わわせていただきました。まず女性を主人公にしたのが初めての試みだったので、一行目から新鮮でした。新鮮すぎてどうしていいのかわからず、ぐるっぐるになるくらい(笑)
せっかくの初ジャンルなんだから新しいアプローチをしようとか、一方でレーベルのカラーに合わせなくちゃとか、矛盾したことをゴチャゴチャ考えて、回り道で時間も費やして、年間スケジュールをガタガタに崩したあたりでようやく落ち着きまして、自分はなにを書きたいのか、という通常のスタンスに戻ることができました(遅いよ!)

本作はカバーも新鮮でした。
まず人間以外の表紙が初めてだったのです! とってもかわいい動物カバーで、Twitterに画像を上げたとき、かわいいですね、ほのぼの系でしょうかというリプライを複数いただき、あ、やばい、誤解されてるとちょっと焦りました。

書いた本人としては、ケーキに仕込まれた針みたいな話かなと思っています。
うる波と鹿野くんという二人を通して四編の物語が展開されますが、あれやこれや問題を抱えた人たちばかりです。

世の中にはいろんな人がいるよね、とか。
それもまたいいじゃんね、とか。

駄目なものを駄目なまま、悲しいことも悲しいまま、救いも特に与えないまま。常々、人から与えられる救いなんてあんまり意味がないような気がしているからでしょうか。良くも悪くも、そういう施しや赦しに似た常識から距離を置いている人たちのお話かなと。

神は自ら助くる者を助く、という言葉があって、努力する者には天の助けがあるよということらしいですが、ぶっちゃけ、自分のことは自分でなんとかしてね、ということですね。
世の中はそういうクールな神さまに観察されてるビオトープみたいなものかもしれません。

「愛していいんだ、心に正解はないから」

「世界が決めた『正しさ』から置きざりにされた人々へ」

この言葉を帯につけてくれた担当さんに感謝します。
ジャンルは変わっても書きたいことの根っこは変わらなかったし、とはいえジャンルが違うことで今までできなかったことができたし、曖昧なものを曖昧なまま書くことができたのが本当に嬉しかったです。


読者のみなさまにも楽しんでいただけますように。
「恋愛前夜」番外編漫画「Fool for you」 eBookJapan★電子書籍フェア
恋愛前夜





























Chara Selection&小説Charaの創刊15周年を記念して、
11/28~12/11 電子書籍サイト「eBookJapan」にてフェア開催されます。

以前「Chara@」に掲載された「恋愛前夜」番外編漫画「Fool for you」が、
11/28~12/11までの間、一話単独で読めます。
もちろん作画は穂波ゆきね先生!豪華っヽ(^o^)丿

一緒に暮らし始めたトキオとナツメの一年後のお話。
トキオからナツメへ、熱烈なラブレターみたいな内容……かな。
こういう短編は一冊にまとまることがないので、この機会にぜひ!
一話ずつ購入で、普段よりもずっとお安くなっています。

他にもポイント10倍や各作家様の限定SS付きなど企画満載!
http://www.ebookjapan.jp


2011.12.14
ご報告をひとつ。
「このBLがやばい!2012年 腐女子版」で、
拙作「真夜中クロニクル」を紹介していただけました。
投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。
これからも楽しんでもらえるお話を書けるよう精進します!

そしてリリ文庫の小冊子も、そろそろお手元に届いたころかと……。
私はもちろん「真夜中クロニクル」の短編を書かせていただきました。
上のご報告とタイミングばっちりでちょっと嬉しいです。
ニーナと陽光、キーナ、監督、マネージャー二人も出ていて、

原稿用紙17枚分くらい書き下ろしました!!

がんばったよー、がんばったよー、がんばったよー……エコー。
意外な二人にカプ成立の気配も、気配だけかも、続きは想像にお任せ……エコー。


どうぞ楽しんでいただけますように!

コメントのお返事は『続き』からどうぞ

今日の1曲:TINY JAMES/THE BAWDIES
2011,11.2
日曜日は上田誠さんプロデュースの舞台、
加藤啓アワー「私、光ってなかった?」を観てきた。

加藤さん初脚本で、主演の永野さんのキン○マが旅に出てしまい、
宗典から宗子となった永野さんの長い旅がはじまる、というSTART。

感想は……

すごーーーーく面白かった!!!です!!! 
変態だわ、小難しいわ、下ネタだわ、
誰にでもお勧めはできないけど中毒性のある舞台だった。

あんな気持ち悪い脚本を書ける加藤さんはすごい。
それをさらに変態度↑↑↑させる上田さんの演出もすごい。
加藤さんと上田さんのペアは私の好みに合う気がした。
またぜひ組んでやってほしい。この舞台も乞う再演。

役者も全員、身体張ってました。
永野さんは登場からして99%裸族だったし、
本多さんも、ちょ、見える!! とヒヤヒヤした。
真面目な話、永野さんはすごい運動量だったと思う。
あの狭い舞台でよくもあれだけ動いたなーと。
泳いでなきゃ死んじゃうマグロくらい動いてました。

個人的に笑いのツボに入ったのは酒井さん&本多さんの歌舞伎シーン。
「ま~て~」「い~や~」のシーンは今年一番のヒットかも。
あーもうお腹よじれるかと思った。天才かあの二人は。

本当にぶっとんだ内容の舞台で、
あらすじにはまとめられない枠外の面白さがありました。
観てる間に場面やシチュエーションが切り替わっていく
多層的な話の進め方は永野さんの不条理劇場「虚業」を思い出させるけど、
あれの難解さを変態方向に転換したような感じ。

会場は木屋町高瀬川沿いにある元・立誠小学校にて。
廃校になった学校ですが、今は京都の小さなイベント発信地にもなっていて、
とにかく建物がレトロで素晴らしいです。

帰りは先斗町でご飯。
町家を改造した店で、屋内版床状態で鴨川に面した席にて。
〆につけ麺食べて帰宅。たっぷり一日遊んで疲れた。

CA0U3OP0.jpg CAJR82DH.jpg







CAF6V9BK.jpg CAAY15DR.jpg CAQ13G2U.jpg







そしてもう11月ですね。
あと2ヶ月で今年が終わるとか、ちょっとポカンとしてしまう。
いやいや、ポカンとせずに頑張れ、自分。



>>Sさんへ
いやいや、コメント読んでたら十分お元気だと思いますよ。
多分、私の倍くらい。花鳥園は私も行きたいです。
カレンダー、買えました。デザインはイマイチだけど機能性重視で。
工場見学とフルーツフラワーパーク、楽しんできてください!


今日の1曲:Frozen Music/killing Boy

2010.12.24(金)
101223_1931~01
私に宗教心はないけれど、クリスマスは親しい人と一緒に過ごしたくなる不思議な一日だ。たとえ一緒には過ごせなくても、大事な人を心の中で思える日であればいいなと思います。
去年の今日、亡くなった人を思い出しながら、家族と平凡な一日を過ごした。

今日の1曲:フジファブリックの全ての曲/フジファブリック
Designed by aykm.